hiroshisakai.com

 ご依頼・お問い合わせ

KAPPA


PWSダンスパフォーマー酒井啓至(HIROSHI SAKAI)

1996年より独学でダンスを始める。

1999年著名アーティストとのダンスセッションやダンス講師などを経験。

2014年、マイケルジャクソン、ビリー・ジョエルなど 超一流アーティストを輩出したNYのアポロシアターにて「空中浮遊」「逆再生」などの斬新な技術を披露。 目の肥えたNYの観客からスタンディングオベーションをもらう。

2015年よりPWS(A performing with a story)と銘を打ち、3DCG映像とシンクロしストーリーを表現するダンスパフォーマンスを専門にする。

企業カンファレンス、フォーラム、プロモーション、プライベートパーティの余興やセミナー、地域イベントなどでご活用いただいております。





-誰も創れないものをかたちにする-

パフォーマーとしてのコアコンピタンスとなるのが「創造すること」「デザインすること」「組み立てること」の3つ。
ストーリー、CG、デザイン、作曲、音効、それらに合わせた振付と構成そして演出。
これらを一つの作品として練り上げることでコモディティ化しないこと。
シンプルで分かりやすく、伝わりやすいパフォーマンスショーをディレクションしながら、一部の人にしか伝わらないものをこっそり混ぜる、これが僕の職能と言えるでしょうか。
もう一つはパフォーマーとしての思想に入りますが、元来パフォーマー側とオーディエンス側には「見せたいもの」と「見たいもの」というそれぞれ異なる目的が生まれます。
なのでパフォーマー側には絶対に「良い意味でのコンプロマイズ」が必要になります。
両サイドの中間ラインを探り、双方の垣根を取り払う、これが僕の「表現者」としての道です。



↑ PAGE TOP